今週は

すっかり季節も秋模様に変化してきましたねmaple
うだるような暑さだった夏が、すでに懐かしく感じます。

今週は久しぶりにサックスの作田聖美さんと共演させていただきます!
普段、丸の内トラストシティで行っているアンサンブル・シリーズとは違う枠で、曲目などはすべて聖美ちゃんにおまかせ。
郵送で届いた譜面を開けてみると、パリの薫りがぷんぷん漂うような、美しくお洒落な曲ばかりでしたlovely

サックスのレパートリーは他の楽器に比べると独特で、フランス近現代の作品が多いのですが、今回はソプラノ・サックスのみを使用したコンサートということで、音域的にオーボエとピアノのための作品が中心です。
耳馴染みのメロディは少ないかもしれませんが、モネの絵画の世界にいるかのような素敵な空間になること間違いなしですshine

今週木曜日のお昼間、丸の内トラストタワーで皆さまのお越しをお待ちしておりますhappy01
どうぞよろしくお願いいたします。

0歳からのクラシック

今日は中野ゼロホールで行われた「0歳からのクラシック」コンサートを観にいってきました!

というのも、大好きなソプラノ歌手、鷲尾麻衣さんが出演されていたのです♪
(はじめて麻衣さんと共演したときのコンサート記事ですnotes


140621_concert_13


お客さんは、赤ちゃんと大人でほぼ満席に!!
初めての大ホールに、娘もキョロキョロしながら楽しそうでした。

麻衣さんのMCでコンサートが始まると、会場は大盛り上がり!
本格的なクラシック、リズミカルで親しみやすい小品、子供たちが大好きな童謡などを絶妙に盛り込んだ素敵なプログラムで、あっという間の1時間の「音楽のシャワー」でした。

麻衣さん自身、4ヶ月の女の子のママでもあります。
ますます磨きのかかった美しい声で、ずっと聴いていたかったです!
久しぶりに会えて嬉しかったし、たくさんパワーを頂くことができましたhappy02shine


普段赤ちゃんはコンサート会場に入れてもらえないことが多いですが、テレビの歌とかだけでなく、本格的なクラシックに興味を持っている方が結構多いことを改めて実感した一日となりましたconfident

ファゴット

まだまだ寒い日が続きますねsnow
すぐそこまで来ている春が待ち遠しいです。

先日は、今度ロビーコンサートで共演させていただくファゴットの福士マリ子さんとのリハでした!2度目の共演で、とても嬉しいです。

華やかな高音楽器の陰で、なかなか単独で演奏する機会に恵まれないファゴットですが、コミカルな音から伸びやかな音まで、多彩に表現が可能な低音楽器だと思います。レパートリーも素敵な名作が揃っています。

今回、サン=サーンスとケクランという、二人のフランス人作曲家によるソナタをメインにお届けする予定です。

サン=サーンスのファゴットソナタは最晩年の作品で、個人的にはすべての音楽の中でも大好きな旋律の一つです。呼吸をするように音が透明感を纏って流れていきます。
ケクランのファゴットソナタは、まるで抽象的な絵画のような作品で、複雑な色彩(和声)が五線紙にさらさらと描かれたような曲です。初見は難しく、和声を飲み込むまでに時間がかかりましたが、不思議と指になじみました。

マリ子さんのファゴットは、真摯で純粋なお人柄がそのまま出ていて、本当に素敵です・・・♪
ほかの作品もファゴットの魅力を充分に味わっていただけるプログラムとなっていますので、皆さま是非会場にお立ち寄りくださいませhappy01

2014年3月13日(木) 18:00~18:40
アートヴィレッジ大崎セントラルタワー (大崎駅徒歩3分)
入場無料

★チラシはこちらからご覧いただけます。

コンサートのお知らせ

クリスマス公演のお知らせですhappy01

shine
111225flier
shine

作田聖美(Saxophone)×石川悠子(Piano)
☆Christmas Classical Live☆
2011.12.25(日) 4:30 open / 5:00 start
@アクタス・ホール (渋谷)
全席自由 2000円(70席限定)
主催・お問い合わせ:セルマー・ジャパン 03-5458-1521

聖美ちゃんとの、念願のクリスマスライブ!
テーマは、"American"ですcatface
アメリカのクラシック曲とクリスマス曲を中心に、華やかでエキサイティングなステージにできたらと思っていますshine

17:00~演奏、18:00~ミニパーティ(囲む会)を予定しています。
アットホームな会場で、皆さまと楽しいクリスマスのひとときを過ごせたら嬉しいです!

ご予約はセルマージャパンまで、よろしくお願いいたします。


そして今週金曜日は、半年ぶりの丸の内トラストシティ・ランチタイムコンサートです!ブラトリに再挑戦します!
会場が肌寒いので、暖かい格好でぜひお立ち寄りくださいhappy01

金沢へ

昨日は、サックスの聖美ちゃんの母校である石川県の小学校の記念式典で、コンサートに出演させていただきましたnotes
町を挙げての大イベント!900人近くの方々とともに、充実した素敵な時間を過ごすことが出来ました。

演奏中の児童たちの素直な反応がとても印象的で、かわいかったなぁhappy01
クラシック音楽に少しでも興味を持ってくれたなら、嬉しいです。

111015

6年生のみなさんと一緒に♪


関係者の皆さま、最後まで色々とお世話になり、本当にありがとうございました!!


本番後は、夜の飛行機の時間まで 少しだけ観光することに☆
近江町市場で遅めのランチをして、兼六園を通って、21世紀美術館に行きました!

コンテンポラリーな建物。展示はとても前衛的で、理解が難しい雰囲気・・・。
現代音楽にも似た、どこか不思議で不気味な空間でしたshine

21_museum_3
heart04

聖美ちゃん、楽しい時間を本当にありがとうhappy01
カテリーナのブログもぜひご覧ください♪


変わって今日は、ハーバード大学教授

ロバート・レヴィン先生公開レッスンの通訳Dayでした!

レヴィン先生の深いお話や情熱を上手く伝えられたかどうか分かりませんが(>_<)、本当に素晴らしいレッスンでした。
この模様は後日、ゆっくりとレポートしたいと思います。


そしてそして、明日の朝はいよいよカルテットの初リハ!
今夜は深夜練ですrock

がんばるぞhappy01

パールマン

昨日は、サントリーホールで行われたイツァーク・パールマン/ロハン・デ・シルヴァのリサイタルに行ってきました。
運よく、招待チケットを入手できたのですwink

子供の頃から家にあったパールマンのクライスラー集は、今でもお気に入りの盤です。
昨晩の演奏は、病後で体力的なこともあってか、最盛期に比べると音量が小さかったように感じましたが、艶やかな美しいサウンドは健在でした。

モーツァルト&フランクのヴァイオリン・ソナタ、ストラヴィンスキーの「イタリア組曲」、そして最後はランダムなヴァイオリン小品というプログラムです。

フランクのソナタは ピアニストにとってもチャレンジングな曲なのですが、シルヴァはピアノを半開にして、パールマンの音に被らないように ppを多彩に操っていました。
フランクはオルガニストでもあったので、超低音のバスが響いて、ピアノがうるさくなりがちです。でもシルヴァは、もっと出しても良いのでは?と思うぐらい、弱音に気を配っていました。


最後のヴァイオリン小品は、パールマンがその場で弾きたくなった曲をシルヴァに伝えて弾くというものでした。ピアノの横には大量の譜面が・・・
偶然にも 5曲中2曲が、先週の彩織ちゃんとのリサイタルで弾いたものでした!(テンポ・ディ・メヌエット&メロディ) 感動shine

巨匠の世界を堪能したひとときでしたnotes

トラストシティ

今日は、第1回目の「丸の内トラストタワーコンサート」 を観にいってきましたnotes

会場は、東京駅八重洲口の駅前にある「Trust City」というきれいな複合施設のN館です。「シャングリラ」ホテルが入っている
本館の隣のビルでしたbuilding

Trust_city_concert

1Fのオフィスロビーが即席の舞台に早変わり


今日の演奏者は、丸ビル35でもおなじみのピアニスト、原田絵里香さんでした。
音がすごく良く響く会場で、ラヴェルやラフマニノフのソロプログラムを熱演されていましたlovely

曲が進むにつれて 立ち見のお客さんもどんどん増えていきましたが、そのほとんどがクールビズ姿のオフィスワーカーの方々でした。
12:10~13:00という時間なので、ランチ休憩の合間に聴いていたのでしょうか。なんだか嬉しい気持ちになりました。


このコンサートは毎週金曜日に行われるようで、私も第3回目に ソプラノ歌手の鷲尾麻衣さんと出演する予定です。
今日は二期会で初見リハ大会もあり、プログラムもほぼ決まりましたwink

麻衣さんは、ソプラノより更に高音域のコロラトゥーラ(超絶技巧を要するハイ・ソプラノ)なので、とってもパワフルで華やかなステージになると思いますshine 今から楽しみです。

オフィスで一生懸命仕事に励む方々に 束の間の芸術の薫りをお届けできるように、がんばりますclover


お家リハ

今日はヴァイオリニストのサーシャと、お家リハでしたhouse

何時間でも気兼ねなく合わせができるお家リハは便利なのですが、サーシャはというと、往復3時間もかけて来てくれるのですsweat01 いつも小旅行させてしまってごめんね、サーシャ。

今回は、エルガーのヴァイオリンソナタを丁寧に合わせました。この曲は2つの楽器のやり取りが他のメジャーなソナタ以上にとても密で、本当に良く出来ています。アンサンブルの音楽として理想的な曲です。素朴さの根底に流れる英国のロマンティシズムと、独特の和声転調が、弾いていて毎回ゾクゾクします。

サーシャとは、性格が割と対照的だったりするのですが、そこがまたいつまでも新鮮で、自分にないものをたくさん発見できます。音楽性や解釈も尊敬できるので、そんな彼女とこの曲に取り組むことができてとても嬉しいですheart04


お昼だったので、パスタなどを作り、みんなで仲良く食べました。
その楽しい模様は、、こちらから是非ご覧くださいsmile


これから個人練で、頑張って練り上げていきたいと思います!

アリア

今、お仕事でアリアを弾いています。
アンサンブルピアニストやってて良かった~と思う瞬間。色々な曲や歌と関わることができることです。もう最強に幸せで、どんな曲でも簡単に感情移入してしまいます。

先日は、プッチーニの「私の名はミミ」を合わせました。あまりにも有名なアリアですが、改めて聴いてみると なんてすがすがしい歌なんだろう・・・本当に、じーんときますshine

アリアには、ほとばしる生気を 直接全身で受け止めるような迫力があります。
ちょっと元気が欲しいなぁ・・・という時は、アリアの演奏会に行くのがオススメだと思いますhappy01


Il primo bacio dell'aprile e mio!

わたしはこの歌詞で元気になれますclover


早く春が訪れますように。


西洋音楽史

書店の平積みコーナーに何気なく置いてあったこの本。
ただいま愛読中です


Seiyoongakushi_4   








 西洋音楽史 -岡田暁生著 (中公新書)

今まで色々な西洋音楽史の本を読んだり勉強したりしましたが、わたしの中ではこの本が一番面白く、分かりやすいです。岡田先生独特の切り口で、たとえクラシック音楽に疎い方でも、結構楽しく読めるのではないかと思います。

是非 手にとってみてくださいhappy01

より以前の記事一覧

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コンサート出演情報

  • ♪クリスマスコンサート
    ☆12月11日(日) 15:00
    共演:北村 貴子(オーボエ)、北村 一平(コントラバス)
    カフェ・ターブル・ビジュー(湘南台)
    お茶ケーキ付 2000円
    ご予約 Tel.0466-46-0121
    -

お友だちリンク

無料ブログはココログ