« ヴィオラ×ピアノ | トップページ | ホルン×ヴァイオリン×ピアノ »

3つの音

今週の本番に向けて、ブラームスのホルン三重奏曲という曲をやっています。昨日は2回目のリハーサルでした!
ヴァイオリンは、公私共に仲良しのサーシャ。ホルンは初共演で、東フィルの首席奏者としても活躍されている、タックさんこと高橋臣宜さんです。

ホルン+ヴァイオリン+ピアノという珍しい組み合わせの曲は、まるで3つの異なる国籍の人が大事な会議をするかのようです。
材質も 音量も 弾き方も 性格も まったく異なる楽器なので、お互いに歩み寄りながら、自分の言い分を上手くブレンドし、終始コントロールしていく必要があるのです。

加えてブラームス先生が、全員のパートに難易度の高い要求をするので、自分の事に精一杯になってしまうのが何とも歯がゆいbearing

しかし、その1楽章は、ブラームスの作品の中でも特に美しいメロディのひとつだと言われています。森の奥から呼んでいるようなホルン、温かみのある木を思わせるヴァイオリンがとても印象的です。
そして ブラームスらしい 孤独な「もののあはれ」が満載ですbottle

サーシャもタックさんも本当に素晴らしい演奏家で、刺激をたくさん頂いていますshine お一人ずつのソロも必聴です!

金曜日のお昼は、ぜひ丸の内トラストタワーにお立ち寄りくださいnotes


cloverclover

Horn

厳しい特訓中。
他の楽器を知るというのは、大切なことです。

Violin
ヴィジュアル系ヴァイオリニスト、
I.K.さんのモノマネをしているつもりsmile

« ヴィオラ×ピアノ | トップページ | ホルン×ヴァイオリン×ピアノ »

コメント

楽しそうなリハーサルですね(*^_^*)
ホルンを使った室内楽は少ないし、演奏される機会も多くないので、28日は楽しみですね。
ブラームスのホルン三重奏曲は敬虔で美しい旋律が聴く人を包み込むようで素敵です♪
会場が温かいと良いですね。

森の中から聴こえるホルンと
温かい音のヴァイオリンと
ピアノの三重奏を楽しみに
トラストタワーに伺います。

hiroo様

金管が入った3人以上のアンサンブルは初めてです。学校でも金管の人達と接する機会は少なかったですが、ノリが良くて面白いです♪

手がかじかんでしまうと大変なのですが、明日は暖かいことを祈っています。

こまこ様

他にも、ホルンとのデュオは爽快な大迫力の曲で、ヴァイオリンとのデュオは、有名な曲を演奏します。
ブラームスでは、色々な想いを表現できたらと思っています。

寒いので、暖かい格好でいらしてくださいspa

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヴィオラ×ピアノ | トップページ | ホルン×ヴァイオリン×ピアノ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コンサート出演情報

  • ♪サロンコンサート
    ☆4月30日(日) 15:00
    共演:北村 貴子(オーボエ)、北村 一平(コントラバス)
    カフェ・ターブル・ビジュー(湘南台)
    お茶ケーキ付 2000円
    ご予約 Tel.0466-46-0121
    -

お友だちリンク

無料ブログはココログ