« ソプラノ×ピアノ | トップページ | 小部屋のお知らせ »

クラリネット×ピアノ

昨日は、21回目のアンサンブル・シリーズでした!
連休中にも関わらず、たくさんの方にお運びいただき、嬉しかったです。
クラリネット奏者のまたのきさんと、楽しいひとときを過ごすことができましたhappy01

*
Program*
♪ドビュッシー:亜麻色の髪の乙女
♪シューマン:幻想小曲集 Op.73
♪ドビュッシー:小品
♪クラリネット・ポルカ
♪プーランク:クラリネットソナタより~Romanza
♪アルベニス:タンゴ
♪ピアソラ:アヴェ・マリア
♪モンティ:チャールダッシュ

クラリネットは体力の消耗が激しい楽器なのですが、最後まで堂々たる演奏だったと思いますheart02
愛すべきプーランクのソナタを演奏できたのが、個人的にとても嬉しかったですhappy02!次回はぜひ全楽章をやりたいです。

演奏後は、家族とTOKIAビルの Viron でお食事しましたwine

Viron

ランチはもちろん、バゲットがとても美味しいのです。
お店もパリのような雰囲気です・・・♪


明日から再びリハーサルが続きます!two down, two to go...
無事に新曲が間に合いますように・・・rundash

« ソプラノ×ピアノ | トップページ | 小部屋のお知らせ »

コメント

45分間でしたが、大変バライティーに富んだ選曲でしたね。
それぞれの曲の持ち味が良く出ていたと思いました。
プーランクはフルートでも美しいソナタがありますね。
极木(またのき)さん、珍しいお名前ですね。漢字源で引くと <极の読みはキョウ、意味はロバの背に荷物を載せるための木の板> とありました。
音楽には関係ありませんでした・・・(*^▽^*)

hiroo様

クラリネットの回は貴重なので、欲張って色々入れてみました。プーランくのフルートソナタも、大好きです!(ヴァイオリンソナタも好きです♪)いつかプーランクのチクルスを・・・など企んでいます。

ここのところのチェロ、ソプラノ(&ピアノ)、クラリネットの
いずれの演奏会でも、ドビュッシーが演奏されたでしょう?
ギターでも、ドビュッシーと交流のあった、スペインの
ファリャという人が、ドビュッシーが亡くなった時に、
死を哀しんで、「ドビュッシー讃歌」というギター曲を
書いています。哀しみにつつまれた、暗く重々しい曲
なのですけど、スペインギターの哀愁のなかにも、
フランス印象派の影響がうかがえて興味深いです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ソプラノ×ピアノ | トップページ | 小部屋のお知らせ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コンサート出演情報

  • ♪サロンコンサート
    ☆4月30日(日) 15:00
    共演:北村 貴子(オーボエ)、北村 一平(コントラバス)
    カフェ・ターブル・ビジュー(湘南台)
    お茶ケーキ付 2000円
    ご予約 Tel.0466-46-0121
    -

お友だちリンク

無料ブログはココログ