« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

フルート×フルート×ピアノ!

昨日は「フルートの小部屋 Vol.2」の本番でした。
大塚茜さん、泉真由さんと共に、至福の音楽の時間を過ごすことができましたheart04

3人の晴れ女が結集しましたのでbleah
お天気も回復して良かったです!
ご来場くださいました皆さま、本当にありがとうございました。

あかねちゃんのお部屋に私たち音楽仲間が遊びにきて、お客さまと共に音楽で時間を共有する・・・いわゆる「室内楽」本来のコンセプトに近い、cozyな空間になったのではないかと思いますhappy01

フルート2本とのアンサンブルは初めてだったのですが、たっぷりとした幸福感のある音色になって、フルートという楽器の魅力を再発見できたように思います。
ドップラーの「アンダンテとロンド」のような素晴らしい名曲にも出会えて、本当に幸せですshine


あかねちゃんとの信頼関係はもちろん、今回初共演だった泉真由ちゃんとも、昔からの友だちのような安心感があり、阿吽の呼吸でアンサンブルすることができました。心が通うことに、長さや期間というのはあまり関係ないんですねconfident

終演後の楽しい懇親会のあとは、恒例の撮影会が始まりましたが、案の定 私はカメラを忘れてしまったので、手元にあるのはこの1枚だけflair


100929_2
新しいドレスを着てみましたchick

真由ちゃんも一緒に、3人で撮ったのもいっぱいあるはずなので、写真が増えたらまた載せますねwink

また3人で演奏できる日を楽しみにしていますnotes

コスモス

今日は、家の近くにある コスモス畑へ行ってみました。
昔から大好きな場所。爽やかな風が本当に心地良かったですshine


Ou_2
コスモスは、まだみたい。


これから咲く一面の花と秋風にたくさんパワーをもらいました!明日から また新鮮な気持ちで練習に取り組めそうですshine

一所懸命、ひたむきに仕事を頑張っている人にも、少しでもパワーを伝えられるように・・・confident

小部屋のお知らせ

コンサートのお知らせです!

100929flier

<フルートの小部屋 Vol.2>
2010年9月29日(水)
18:30開場 19:00開演
3500円(全席自由) ワイン・ドリンク付き
ラ・リール 
地下鉄丸の内線 茗荷谷駅徒歩6分
共演:大塚茜(フルート)、泉真由(フルート)**

プログラム ~W
orks by Faure, Doppler and Schocker
 フォーレ:シチリアーノ
 フォーレ:子守歌
 フォーレ:幻想曲
 ショッカー:2本のフルートのための3つの舞曲**
 ショッカー:シチリアーノ&スケルツォ
 ドップラー:サロン風マズルカ
 ドップラー:アンダンテとロンド**

3人の作曲家にスポットを当てた、聴きごたえ満点の意欲的なプログラムですshine

会場は、白を貴重とした アットホームで美しいサロンです。
素敵なアンサンブルの空間になるように、3人で力を合わせてがんばりますheart04
チケットは残り少ないのですが、ご希望の方はぜひこちらまでお知らせください。どうぞよろしくお願いいたします。


Akaneyuko_2
今日はデュオの合わせでした!



おまけ
Akaneyuko

当日はふざけず、真面目にやる予定ですwink

クラリネット×ピアノ

昨日は、21回目のアンサンブル・シリーズでした!
連休中にも関わらず、たくさんの方にお運びいただき、嬉しかったです。
クラリネット奏者のまたのきさんと、楽しいひとときを過ごすことができましたhappy01

*
Program*
♪ドビュッシー:亜麻色の髪の乙女
♪シューマン:幻想小曲集 Op.73
♪ドビュッシー:小品
♪クラリネット・ポルカ
♪プーランク:クラリネットソナタより~Romanza
♪アルベニス:タンゴ
♪ピアソラ:アヴェ・マリア
♪モンティ:チャールダッシュ

クラリネットは体力の消耗が激しい楽器なのですが、最後まで堂々たる演奏だったと思いますheart02
愛すべきプーランクのソナタを演奏できたのが、個人的にとても嬉しかったですhappy02!次回はぜひ全楽章をやりたいです。

演奏後は、家族とTOKIAビルの Viron でお食事しましたwine

Viron

ランチはもちろん、バゲットがとても美味しいのです。
お店もパリのような雰囲気です・・・♪


明日から再びリハーサルが続きます!two down, two to go...
無事に新曲が間に合いますように・・・rundash

ソプラノ×ピアノ

昨日は、丸の内トラストシティというオフィスタワーロビーで本番でした!

鷲尾麻衣さんと50分間のコンサートをさせて頂きましたnotes

*Program*
♪メンデルスゾーン:歌の翼に
♪赤とんぼ
♪宵待草
♪プッチーニ:私のお父さん
♪ドビュッシー:月の光 (ソロ)
♪シュトラウス:「公爵様、あなたのようなお方は」
♪レハール:「ヴィリアの歌」
♪ボルコム:優雅な幽霊のラグ (ソロ)
♪バーンスタイン:着飾って、きらびやかに

教会のように、良く響く会場でしたconfident


100917
麻衣さん、迫真の演技shine

何も知らずに入ってきたサラリーマンの方々は、
私たちの音量にびっくりされたかもしれませんがflair、多くの方が足を止めてくださいました。心に残る音楽をお届けできたとしたら、本当に嬉しいです。

今回は、4年ぶりに公の場でソロを演奏しました!
「私が全部メロディを弾くの?」・・・という感覚でしたが(笑)、これをきっかけに、もっとソロも勉強していきたいと思いました。

連日の夜中練で寝不足だったせいか、昨日の本番が終わってからは両足がずっと吊りっぱなしでした・・・coldsweats02
今から明日の本番に向けて、リハ行って来ます!!

あ、そして 明日の丸ビルアンサンブルシリーズは、13:00からです!(14:00からはウェディングだそうですlovely

お間違えのないよう、どうぞよろしくお願いいたしますheart04

キラキラと陽気に

明日の 丸の内トラストシティ・コンサートに向けて、ソプラノの鷲尾麻衣さんと合わせをしましたnote
50分間という、少し長めのプログラム。欲張って日本の歌、ドイツ歌曲、イタリア・アリア、アメリカの曲、そしてめったに弾かないソロなど・・・!様々な音楽を組み込みました。

その中でも特に印象的なのは、麻衣さんが最後に歌う バーンスタインの舞台演劇「キャンディード」から、ヒロインのアリア 「着飾って、きらびやかに」 です。

原語タイトルは shineGlitter and be Gayshine。キラキラと陽気になりなさい。
誘拐や暴行などで苦労続きのヒロインが、自分の運命を嘆きつつも 与えられた宝石を身につけながら
"I'll take their diamond necklace, and show my noble stuff by being gay and reckless, ha ha!!" 

と、自暴自棄になって 笑いまくるのです 。
笑う部分は全てコロラトゥーラで、技術的にも圧巻の一言ですcoldsweats02

ずっと笑っている合間に、一瞬だけ呟くセリフも印象的です。
"Observe how bravely I conceal the dreadful shame I feel."

愛だのお花だのと歌うヨーロッパのアリアと違って、何だか人間くさくて面白いですflair 私はこの歌でかなり元気になります。

ヒロインを見習って、色んな不安や余裕のなさを笑い飛ばしたいですhappy02

とりあえず、明日は麻衣さんと共に がんばってきますdash!!

額縁と絵の具

ここのところ短期間で大量の譜面を頭に叩き込んでいるせいか、譜読みのスピードが明らかに遅くなっていますcoldsweats01
伴奏者にとって譜読みと初見のスピードは必須項目なので、しっかり頭の中のCPUを整理しないといけないようですrock


子供の頃、車の中で流れていたクラシック専門ラジオで、よく弟と「作曲家当てクイズ」をして遊んでいました。それぞれの作曲家の「くせ」が、メロディや和声、雰囲気から、結構分かるものです。

この曲は終わりが派手だからチャイコフスキーだろうとか、色彩が繊細で曖昧だからフォーレだとか、ロマンティックで暗いからシューマン(笑)とか・・・ 作曲家の性格が、ある程度音楽に現れるのかもしれません。

様々な曲をいっぺんに抱えていると、絵の具がぐちゃぐちゃに混ざってしまいそうですが、一つ一つの色や質を均等に、自分なりに大事にしたいです
flair

今日は、打ち合わせで ある著名なオペラ歌手の方とお話しました。政治の話になり、社会における芸術の大切さの話になり・・・その中で、絵画に例えた とても印象的な言葉を聞きました。

「私にとって大切なのは、絵よりもFrame(額縁)。中の絵は淡いものでもビビッドな色使いでも良い。大切なのは 絵が入れ替わっても、自分の枠がしっかりしていること」

絵の具で自由な模様を描こうと奮闘する前に、私もちゃんと地に足つけて、自分の「額縁」を 作っていきたいと思いましたshine


先週末は

昨日、空を見上げてみたら、遠くにひつじ雲が浮かんでいました。真夏のように暑くても、秋はすぐそこまで来ている気がしますshine

先週末は スイスへ出発する直前の 新倉瞳さんと会いましたheart04

いつも自然な透明感を纏っている瞳ちゃん。有名になると 何かと苦労も多いと思うけれど、常に人の心配ばかりしてくれる 優しい女性です。

以前、私が少しピンチだった時に、ヨーロッパ滞在中だったにも関わらず 「早く日本に帰りたい。待っててくださいね
*^^*
と、長文励ましメールをくれた瞳ちゃんconfident
いつも本番で使っている白いイニシャル入りのハンカチは、彼女から頂いたものです。

スイス留学を経て、更にパワーアップした素敵な瞳ちゃんに再会できるのを、今から楽しみにしていますshineshine


これからVn合わせの後、文化会館で堀米×ドヴァイヨンを勉強してきますnotes

今秋は新しい曲が40曲以上あり、ピアノの上は着々と譜面が積み上がってきています。。。
楽譜の中に埋没していかないように、ゆとりと段取り力アップを心がけたいですpunch

トラストシティ

今日は、第1回目の「丸の内トラストタワーコンサート」 を観にいってきましたnotes

会場は、東京駅八重洲口の駅前にある「Trust City」というきれいな複合施設のN館です。「シャングリラ」ホテルが入っている
本館の隣のビルでしたbuilding

Trust_city_concert

1Fのオフィスロビーが即席の舞台に早変わり


今日の演奏者は、丸ビル35でもおなじみのピアニスト、原田絵里香さんでした。
音がすごく良く響く会場で、ラヴェルやラフマニノフのソロプログラムを熱演されていましたlovely

曲が進むにつれて 立ち見のお客さんもどんどん増えていきましたが、そのほとんどがクールビズ姿のオフィスワーカーの方々でした。
12:10~13:00という時間なので、ランチ休憩の合間に聴いていたのでしょうか。なんだか嬉しい気持ちになりました。


このコンサートは毎週金曜日に行われるようで、私も第3回目に ソプラノ歌手の鷲尾麻衣さんと出演する予定です。
今日は二期会で初見リハ大会もあり、プログラムもほぼ決まりましたwink

麻衣さんは、ソプラノより更に高音域のコロラトゥーラ(超絶技巧を要するハイ・ソプラノ)なので、とってもパワフルで華やかなステージになると思いますshine 今から楽しみです。

オフィスで一生懸命仕事に励む方々に 束の間の芸術の薫りをお届けできるように、がんばりますclover


« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コンサート出演情報

  • ♪サロンコンサート
    ☆4月30日(日) 15:00
    共演:北村 貴子(オーボエ)、北村 一平(コントラバス)
    カフェ・ターブル・ビジュー(湘南台)
    お茶ケーキ付 2000円
    ご予約 Tel.0466-46-0121
    -

お友だちリンク

無料ブログはココログ