« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

魔法の音

最近、このCDをよく聴いています。

51nrtv4real__sl160_

エチュード・ブリランテ タレガ作品集II
ギター:福田進一

天才ギタリスト・福田進一先生の最新アルバムです
shine

クラシックギターという楽器には 不思議な魅力があります。

出てくる音色は決して大きい音ではなく、弦をはじけばすぐに消えてしまいます。
でもその音は温かくて親密で、目の前の現実から一瞬はなれることができるような、魔法の音です。
調から調へ移るときの「間」も とても好き
です。

以前、本番前の大楽屋で緊張しながら出番を待っているときに、仕切りを隔てた隣の楽屋から微かな音で、バッハのシャコンヌを弾くギターの音が聴こえてきました。

語りかけるような空気が流れてきて、気持ちがふっと落ちついたのをよく覚えています。

このCDですが、ギター界のロマン派を代表する作曲家と言われる タレガの作品を主に取り上げています。
異国の風が吹いてくるような爽やかさもあって、疲れてしまった夜におすすめの1枚です・・・confident


今日はサーシャと一日合わせをしました。演目は「シンデレラ」。ワルツ、ガヴォット、パスピエ、冬の精、マズルカです。
サーシャ姫のバヨリンもベルベットのような、魔法の音でしたdiamond

長い時間集中して合わせると、脳が糖分を要求するようです。
で、今日もケーキは2コずつ!smile


Cakenbeer
桃のショートケーキとビールゼリーbeer

お菓子なら大丈夫だと思ったのに、真っ赤に酔っ払いました・・・。
なんで私は こんなに弱いんでしょうねcoldsweats01

Sarcasm

昨夜は 眩しいくらいにはっきりとした満月でしたねshine

今、猛スピードでプロコフィエフの楽曲を譜読みしています。
プロコフィエフは20世紀を生きたロシア人で、私の大好きな作曲家の一人です。今までピアノソナタの3番、7番(戦争ソナタ)などを勉強しました。

プロコの作品に共通しているもの、それはずばり サルカスム(皮肉)です。
実際ピアノ曲で同タイトルの作品がありますが、その曲に関わらず、彼のどの作品にもどこかサルカスティックな空気が漂っています。

不協和音
が犇く複雑な方角へ誘導されて不安になりかけると、突然脈絡のないトニック(協和音)で安心感を与える。嘲笑うかのような、わざとらしいリズムやアクセントがいっぱい。「話が違う!」と言いたくなる、ルール違反の転調。
音楽でサルカスムを見事に表現しているところに、プロコの凄さを感じます。

自分の根っこを完全に隠す。(大切に取っておく)
変に冷静になって、諦める。
時に機械のように正確に、忠実になる。
こんな風に感じて弾いてみたら、心なしかサルカスムの雰囲気が出てきました・・・♪
(レオンカヴァッロの哀しき「道化師」を思い出しました)

プロコフィエフの「ピアノ協奏曲第2番」は、そんなサルカスムの奥底に閉じ込めたマグマが一気に噴き出したかのような、ヘビメタ系の人達も裸足で逃げ出すような(笑)ド迫力です! 
大音量で聴くと、仕事のストレス発散にもなる一曲ですpunch


プロコの譜読みが一段落したら、気分を変えて フォーレの「月の光」を弾きたいと思いますnight

ごはん

まだまだ暑いです・・・

夏の定番、ゴーヤチャンプルーを作りましたeye


Goya

そろそろ秋の食材も使いたい この頃ですmaple

Cello×Piano

今日は、神楽坂にあるアグネスホテルのランチタイムコンサートで演奏しました。
猛暑の中、坂をのぼってご来場下さいました皆さま、本当にありがとうございましたhappy01

「マルノウチなカルテット」でもおなじみの、チェリスト清水詩織さんとのアンサンブルを楽しみましたnotes

Program
♪サン=サーンス:白鳥
♪ドビュッシー:チェロとピアノのためのソナタ
♪ポッパー:ハンガリアン・ラプソディ
アンコール
♪ラフマニノフ:チェロとピアノのためのソナタより アンダンテ

練習のときはあまり感じなかったのですが、通してみると結構大掛かりなプログラミングでした・・・!
ドビュッシーのチェロソナタは二人とも大好きな作品です。一言で言うと「粋」な曲。フランス人らしいエスプリが漂っていて、音の色や温度や質感で遊べて、表現の幅が広がる一曲です。
でも近現代独特の不協和音も多く、ただ演奏するだけでは分かりづらい部分もあるかもしれないと思い、弦楽器奏法のデモンストレーションを交えてみました。

ポッパーはマルカルで一緒に弾いたものを更に練り上げました。元気印のジェニーにぴったりの1曲ではないかと思います・・・♪
そしてアンコールのラフマニノフは、思い入れの深い一曲です。温かみのあるアグネスホールであのメロディを奏でることができて、感激でした。

アグネスホテルでの演奏はこれで5回目になりますが、上品でアットホームな雰囲気に毎回癒されます。
ホテルスタッフの皆さま、ありがとうございました・・!

終演後は、ジェニーと二人で近くのビストロへ行き、ゆったりとランチしましたheart04
本番終わったあとのごはんは 美味しいですねdelicious


100818
ジェニーこと 詩織ちゃんと・・・♪

やっと本番が一段落したので、少しゆっくりしようかと思いますhappy02

お祭り

Omatsuri

今日は祖父のお墓参りへ行きました。
お盆の頃の空気は生暖かくて何かを含んでいて、何ともいえない不思議な気持ちになります。

夕方は祖母の家近くのお祭りへ!

風流なお祭りの雰囲気が昔から大好きで、遠くのほうからお囃子や人の声が聞こえてくるだけで 胸がわくわくしてきますhappy01

日本独特の情緒ですね・・・♪


Omatsuri_1

久しぶりに浴衣を着付けして、盆踊りに参加してみました・・・♪
振り付けは、適当ですwink


・・・そして。

わたしが呑気に踊っている間に、またまた先日のコンクール事務局から追加報告がありましたsweat01

入選ではなく、「優秀演奏者賞」だったそうですshine
(最優秀賞が該当なしでした)

踊っているときに聞くより、結果発表の時に聞きたかったですcoldsweats01
何はともあれ、これからも がんばります!

貴重な勉強

今週は長い一週間でした。

実は、とあるコンクールを受けていましたflair
予選会では納得の行く演奏ができず、落ち込みつつも立て直しをはかったのですが、結果を出すことが出来ませんでした。

・・・のはずが。

後日、コンクール事務局さんのミスで、入選していたことが分かりましたcoldsweats01
こんなことってあるんですね。。。

以前 コンクールの海外審査員通訳をやっていた時期があり、コンクールの裏側は何となく想像がつくのですが、結構皆さんバタバタしていて大変です。
びっくりしましたが、自分自身の演奏や欠点を客観的に学ぶことができたので、貴重な勉強となりました。

自分のために弾くコンクールより、お客さんのために弾くコンサートの方が、今の私にとっては大事です。

これからも自分らしく、音大を目指す子供から音楽を愛する大人まで、アンサンブルの魅力を広めていけたらと思っていますnotes

復旧!

東音企画のHPが無事に直ったそうですflair
誰のしわざだったんでしょうね・・・。暇な人がいるものです。

現在東音のトップページは、サーシャのリサイタル情報がピックアップされています。
もうウィルス達はいないので、安心してご覧くださいhappy01


今日はジェニーとチェロソナタを合わせました。来週のアグネスホテルのランチタイムコンサート、とても楽しみです。
入場も無料で、とっても素敵なヨーロピアンスタイルのホテルなので、ぜひいらしてください♪


今週は色々予定が入っており、怒涛の一週間となりそうです。
週末まで体力と気力を持たせられるよう、がんばりますrock

不思議な感覚

相変わらずの猛暑ですねwobbly

私は相変わらず、練習やリハで弾きこもっている毎日です。
暑さのせいか、冷房のせいか、指先が痺れてきていますthunder

一つの曲を掘り下げていくと、色々なことが分かってきます。
楽曲分析と音楽修辞学を齧って、曲の背景を調べて、作曲家のプライベートな気持ちや性格を想像したりすると、なぜここで突然この和音に飛ぶのか、どうして何度もテヌートを多用するのか、なぜ第2主題が回想される形で登場するのか・・・ 発見するたびに感動をおぼえます。

そうすると、今まで鈍感だった音色が突然色味を帯びてきて、びっくりするような柔らかい音や、生きた音が出るのです・・・!
心が音楽から離れて、ピアノに向かっているのにピアノを弾いていないような 不思議な感覚になります。

まだまだ抽象的で先は長いのですが、その感覚を大切にしたいと思う この頃ですflair

昨日は久しぶりにエメのステージドレスフェアに行ってきました!
音楽家の間でも有名なこのフェアは、品揃えがすごく豊富で、スタイリストさんやヘアメイクさんもいて、選び甲斐があるのです。
音楽仲間にも何人かばったり会いましたよ
happy01 気に入ったドレスも見つかったし、楽しい一日でした・・・♪

では 再び練習ですrun
皆さまも、夏バテには十分気をつけて過ごしてくださいねyacht

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コンサート出演情報

  • ♪サロンコンサート
    ☆4月30日(日) 15:00
    共演:北村 貴子(オーボエ)、北村 一平(コントラバス)
    カフェ・ターブル・ビジュー(湘南台)
    お茶ケーキ付 2000円
    ご予約 Tel.0466-46-0121
    -

お友だちリンク

無料ブログはココログ