« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

曲目会議

昨日はフルートの大塚茜ちゃんと、9月の曲目打ち合わせをしました!
二度目☆あかねちゃんのお家におじゃまして、CDをたくさん聴きながら組み合わせや順番を考えたり、譜面をコピーしたり・・・
この作業は結構時間が掛かるもので、気がついたら夜になっていましたmoon3

結局、3人の作曲家にスポットを当てて、一切妥協のない本格的なプログラムになりました。フルート×ピアノはもちろん、フルート2本×ピアノ(結構名曲揃い!)もたくさんやる予定なので、今からとてもワクワクしています。

あかねちゃんとは もともと音楽を通じて出会いましたが、実はあかねちゃんのお義母様と私の親友のお母様が 高校時代からのご親友なのですshine
昨年の私たちのコンサートで偶然お会いしてそのことを知り、思わず感激してしまいました。

人生って、不思議な繋がりで出来ているんですねconfident


打ち合わせのあとは、二人で美味しいイタリアンへ!
楽しい一日でした。

Akanechan_2
あかねちゃんとheart04


最近、毎日のようにケーキを食べている気がします。
一体 どうなってしまうのでしょうか・・・
coldsweats01

お家リハ

今日はヴァイオリニストのサーシャと、お家リハでしたhouse

何時間でも気兼ねなく合わせができるお家リハは便利なのですが、サーシャはというと、往復3時間もかけて来てくれるのですsweat01 いつも小旅行させてしまってごめんね、サーシャ。

今回は、エルガーのヴァイオリンソナタを丁寧に合わせました。この曲は2つの楽器のやり取りが他のメジャーなソナタ以上にとても密で、本当に良く出来ています。アンサンブルの音楽として理想的な曲です。素朴さの根底に流れる英国のロマンティシズムと、独特の和声転調が、弾いていて毎回ゾクゾクします。

サーシャとは、性格が割と対照的だったりするのですが、そこがまたいつまでも新鮮で、自分にないものをたくさん発見できます。音楽性や解釈も尊敬できるので、そんな彼女とこの曲に取り組むことができてとても嬉しいですheart04


お昼だったので、パスタなどを作り、みんなで仲良く食べました。
その楽しい模様は、、こちらから是非ご覧くださいsmile


これから個人練で、頑張って練り上げていきたいと思います!

夢の時間

昨日はメモリアルコンサートの本番でした。
ジョン健ヌッツォさん、鷲尾麻衣さんと、夢のような時間を過ごさせていただきましたheart02

今回の演奏会は、もともとアイルランド人作曲家の方からお話をいただいたことから始まり、特別ゲストとしてジョン健ヌッツォさんがご登場されるということ、そして世界初演の曲が含まれるということ等、自分としてはとてもハイレベルな本番でした。

初演の曲は、ソプラノの鷲尾麻衣さんの歌声が加わると美しい音楽に変貌し、合わせるたびに好きになっていきました。
ジョンさんも本当に温かいお人柄の方で、まだまだ未熟なわたしにも対等に接してくださいました。

前半はそのほかに麻衣さんとアイルランドの古い歌 "The Last Rose of Summer"とオペラアリア"Scenes that are Brightest"を。シンプルで可愛らしい歌で、色々な発見がありました。

後半はヌッツォさんとアイルランド民謡の「ダニーボーイ」、麻衣さんとJ.シュトラウスの「公爵さま、あなたのようなお方は」(笑いながら歌う有名なアリアです♪)、そしてトリにはヌッツォさんの十八番、「誰も寝てはならぬ」を伴奏させていただきました・・・!
その物凄い迫力に圧倒されて、全身に鳥肌が立ちました。

アンコールには、お二人の素敵なダンスつきで「乾杯の歌」を。
本当に楽しい時間でした。

100724_1_2

とても温かい演奏会で、わたしにとってもMemorialな、貴重な体験となりました。
Peterさん、Paulさん、二期会のSさん、スタッフの皆さま、本当にありがとうございました。


100724_2

ソプラノの麻衣さんとはすっかり仲良くなりlovely、今度9月にまた共演が決まりました!
詳細が決まり次第、アップします。
ジョンさんともまたご一緒させていただく予定ですhappy01



100724_4_2
共演の皆さまとnotes
麻衣さん・ジョンさん・アイリッシュハープのさおりさん・恵子さん

ヴァイオリン×ピアノ

今日は、大崎アートヴィレッジタワーでコンサートの本番でした。

ヴァイオリニスト 長尾春花さんと、楽しい時間を過ごすことができました。

*Program*
♪エルガー:愛の挨拶
♪バルトーク:ルーマニア民族舞曲
♪マスネ:タイスの瞑想曲
♪クライスラー:愛のよろこび
♪サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン

*アンコール
♪エルガー:夜の歌

前回に引き続き、とても弾きやすい会場で満員のお客さまに囲まれ、あっという間の40分間が過ぎました。

長尾さんは、先月の仙台国際で3位に入賞されたばかりで、今一番日本で「旬shine」なヴァイオリニストだと思いました!大学3年生とは思えないほどしっかりした誠実な音楽と、キュートな人柄が本当に魅力的なのです。
また機会があったら、ぜひご一緒したいですlovely

100722
春花さんと!


あさっては、ついにビッグスターの皆さまと夢の共演!
物怖じしないように、気持ちをしっかり持って頑張りたいです。

バッハは座禅

今日は母校の記念コンサートでのお仕事でした。

いつもお世話になっているオーボエの鷹栖さんの伴奏で、バッハのオーボエ・ソナタBWV1030b を全楽章演奏しました。

オーボエを吹く人なら誰もが演奏したことがある曲なのだと思います。木管を多く担当する伴奏者の必須レパートリでもあります。わたしは今回が初めてで、色々な意味で勉強になりました。

抒情的な2楽章、リズミカルな3楽章(アンサンブル的には易しくない)は割と演奏しやすいのですが、1楽章が非常に難しい。なぜならば、山や谷があまりない楽章なのです。主題の提示、対位法がとても緻密で厳格そのもの、ストイックな雰囲気を最後まで崩さない作風。張り巡らされた形式に縛られず、撥弦楽器の雰囲気を出しつつ、集中力を切らさずに、粛々と取り組まないといけませんでした。

バッハを演奏していると、なんだか座禅を組んでいるような気持ちになります。
雑念が横切ると、どこを弾いているのか分からなくなります・・・。
でも、今回とても好きな曲に出会えたので、また演奏の機会があったら嬉しいです。


それにしても、さいたま芸術劇場の音楽ホールはとても立派なホールですね。
客席は600席近くあり、音響もお水のような音で、響きすぎるくらい響きます。アンサンブルよりピアノ・ソロ向きの会場なのかな、と思いました。いつかまた、ここで演奏したいです。

顔のマッサージ

ちょっと疲れが溜まってきたのでwobbly、リハの帰り道にふらりとマッサージのお店に入りました。

どのコースにしようか迷っていたら、「フェイシャル・マッサージ」というものを発見。顔も凝るのかな・・・と ふと思い、受けてみることにしました。
顔にタオルを被せて、肩を揉むのと同じようにぐいぐいとマッサージ、頭~首までの施術でした。


とっても心地よく、元気に復活することができましたよflair
肩や腕まで軽くなって、リラックス効果も高かったです。

マッサージして下さった方も上手だったので、延長していただきましたsmile フェイシャルマッサージ、おすすめです!


今日は久しぶりの一日練習デー。
身体も軽くなったので、しっかりさらいますrock

チェロ×ピアノ

昨日は20回目のアンサンブル・シリーズでした。
小雨の降る中、たくさんの方にお立ち寄りいただき、本当にありがとうございました。

19歳の素敵なチェリスト、上村文乃さんと、楽しいアンサンブルの時間を過ごさせていただきました。

100711_2
文乃ちゃんと!

Program
♪フレスコバルディ/カサド:トッカータ
♪サン=サーンス:白鳥
♪エルガー:愛の挨拶
♪ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
♪ポッパー:妖精の踊り
♪ラフマニノフ:チェロ・ソナタより 第3楽章
♪カサド:親愛なる言葉

伸びやかで豊かな文乃さんの音色を感じながら、わたしは終始癒されていました。ラフマニノフのソナタ、美しいなぁ。。。

・・・と、癒されすぎて、文乃さんのコンサートの告知MCをするのをすっかり忘れてしまったのでしたbearing
ぜひぜひ、文乃さんのHPで今後のコンサート情報をチェックしていただけたら嬉しいです!
♪上村文乃さんブログ♪


そして今日は気持ちを切り替えて、声楽の合わせでした。
現代音楽なのですが、最初は難解だったのが少しずつ形になってきて、美しい音楽的瞬間を発見できるまでになりました。

毛嫌いせずにやれば、譜面の方から歩み寄ってくれるのかもしれないですね・・・!
もう少し、アナリーゼを頑張ってみたいと思います。

七夕のアンサンブル

今日は、週末の本番に向けて、チェロの上村文乃ちゃんと リハーサルでしたnotes

プログラムの中心は、なんといってもラフマニノフのチェロ・ソナタです。このソナタは、ラフマニノフらしい複雑な技巧が随所に散りばめられていて、ピアノ・ソナタ第2番と肩を
ならべる難易度だと思います。今回は第3楽章のみの演奏ですが、個人的にも大好きなこの曲が、丸ビルの35階で どのように響くか楽しみです。

二人で合わせをしながら 「この曲のチェロとピアノは、恋人同士の会話そのものだよね・・・!」という話になりました。どの楽章もその雰囲気を感じますが、特に3楽章。

ふと、 「わたしが男性だったらいいのに・・・」と文乃ちゃんが無邪気な一言。

そんな文乃ちゃんは、かわいらしいチャーミングな女の子ですlovely


チェロは人間の声に一番近い楽器だと言われていますが、この楽章、チェロの最後の1節が 人の声で「お~ね~がい~」と聴こえてしまうのは、わたしだけでしょうか?chick

真相を確かめに(笑)、週末はぜひぜひ丸ビルへお立ち寄りください・・・♪

☆丸ビル35コンサート

ご当地Kitty

先日、学生時代の友だちがプレゼントしてくれた、ご当地キティ!

Kitty

なんと!!母校のセーラー服を着ているキティなんですlovely
あまりにもレアなので、勿体なくて付けていません。


さて・・・いよいよ今週から 怒涛の1ヶ月が始まりそうです。

一つ一つの音楽とアンサンブルに真摯に向き合えるように。
頑張りますrock

旬のパワー

久しぶりに、お料理ネタですdelicious

毎日じめじめと蒸し暑くて、体調崩されている方も多いかもしれません。
それでも元気なわたしはと言うと、雷が真上でゾワゾワと唸る中、全速力で自転車を飛ばして食材を買い込み、大粒の雨が始まるギリギリのところで駆け込みセーフでした。

どうしても作りたかったのはコレ↓

Soup

モロヘイヤのヴィシソワーズです。

モロヘイヤ、栄養価が高く、身体に良いだけじゃなく、すごく美味しいんです。苦手な方でも、冷製スープにすれば大丈夫かもしれませんflair


主菜は・・・ケンタロウのレシピ「豚肉の薬味たっぷりおろしがけ」

Carnita


夏の香味野菜は美味しいです・・・♪

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コンサート出演情報

  • ♪サロンコンサート
    ☆4月30日(日) 15:00
    共演:北村 貴子(オーボエ)、北村 一平(コントラバス)
    カフェ・ターブル・ビジュー(湘南台)
    お茶ケーキ付 2000円
    ご予約 Tel.0466-46-0121
    -

お友だちリンク

無料ブログはココログ