« 優しい音 | トップページ | 自家製バーニャカウダ »

アリア

今、お仕事でアリアを弾いています。
アンサンブルピアニストやってて良かった~と思う瞬間。色々な曲や歌と関わることができることです。もう最強に幸せで、どんな曲でも簡単に感情移入してしまいます。

先日は、プッチーニの「私の名はミミ」を合わせました。あまりにも有名なアリアですが、改めて聴いてみると なんてすがすがしい歌なんだろう・・・本当に、じーんときますshine

アリアには、ほとばしる生気を 直接全身で受け止めるような迫力があります。
ちょっと元気が欲しいなぁ・・・という時は、アリアの演奏会に行くのがオススメだと思いますhappy01


Il primo bacio dell'aprile e mio!

わたしはこの歌詞で元気になれますclover


早く春が訪れますように。


« 優しい音 | トップページ | 自家製バーニャカウダ »

コメント

こんばんは!

寒い日が続いていますが、Yukoさんの心はオペラのアリアで温かそうですすね。
「皆はミミとよびます。でも私の名はルチーア・・」「ラ・ボエーム」ですね。“ma quando vien lo sgelo, il primo sole e mio, il primo bacio dell’aprile emio!”<・・雪解けがやってきて、最初の太陽はわたしのもの、4月の最初の口付けは私のものなのです!> 
ピアノのパートナーが調べてくれました。

次の丸ビル35アンサンブルシリーズが終わると“Cosi gentile, il profumo d’un fiore!”の季節ですね♪♪

hiroo

hiroo様

そうですね・・・!
今は寒くてしんどいですが、その季節が来るのを 楽しみにしています。

yuko様
ミミの春を待ち焦がれるアリアは本当に心に沁みますね。私はイタリア語がわかりませんので、一昨年「ラボエーム」のオペラ公演でコーラスを歌ったときの対訳書を紐解いていたら、すでにhirooさんが書かれていました。

歳を重ねるごとに「春を待ち焦がれる心情」は一層深まってゆきます。ミミは「4月の太陽」と歌いますが、私はyukoさんの「3月の公演」を待ち焦がれています!

アスペン様

こんにちは!
歌手の人はうらやましいですね。自分のハートを歌詞に乗せて、気持ちよく歌い上げることができるから。
でも、良き土台(=伴奏)を作って、一緒に気持ちを盛り上げることも大切かもしれませんね。

4月は誕生月でもあり、桜吹雪が舞っていた日に生まれたので、いつも特別な気持ちがあります。楽しみにしながら、3月の公演をめいっぱい頑張りたいと思います♪

いつも優しく微笑んでくださるアスペン様と奥様にお会いできるのを楽しみにしています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 優しい音 | トップページ | 自家製バーニャカウダ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コンサート出演情報

  • ♪サロンコンサート
    ☆4月30日(日) 15:00
    共演:北村 貴子(オーボエ)、北村 一平(コントラバス)
    カフェ・ターブル・ビジュー(湘南台)
    お茶ケーキ付 2000円
    ご予約 Tel.0466-46-0121
    -

お友だちリンク

無料ブログはココログ