« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

Vegan Food

最近、ルーシーダットン という タイ式ヨガの教室に通っています。

この運動は「自己整体」の要素が強く、また息を止めながらポーズを行うのが特徴です。流行りの加圧トレーニングならぬ「気圧」
トレーニングといったところでしょうか。
息を止めていると 身体の中の毒素がぐるんぐるんと高速で回っているのを感じて、一気にリリースすることで解放感を得られます。
インナーマッスルも鍛えられるということで、効果を期待しながら続けていきたいです。

楽しみは、レッスン後のランチです。先日は吉祥寺にある「Deva Deva」というカフェに行きました!人生初の「ビーガン料理」(Vegetarian Food)のお店です☆

Yogiburger







Ayita先生のブログから画像を拝借しましたcamera
先生の一押しメニュー、Avocado Yogi Burgerdelicious

Yum!
ハンバーガーは主食にできるほど好きなんですがhappy01、お肉や卵などを一切使わなくても、食べ応え満点でした。

あ、そしてサラダもすご~く美味しかったです。ひよこ豆のドレッシングだそうですchick
ポテトもおかわりしたかった・・・

妊婦さんも隣でおいしそうに食べていました。

優しい無添加のお店、良いですね・・・♪

2つの「3つのロマンス」

先日の丸ビルでは、シューマンの「3つのロマンス Op.94」を演奏しました。オーボエの音色と親しみやすいメロディがぴったりで、大好きな曲の一つです。
「オーボエの音色が、暗いメロディを より淡いものに変えている」
―そんな一文を読んだのですが、本当にその一言に尽きる気がします。

シューマンを好んで聴けるときは、自分自身が安定している時が多いです。
シューマンは音楽に対して、そしてこの世のもの全てに対しての「没入」力というものがとりわけ深く、自分があまり元気じゃないと、どこまでも引きずり込まれるような感覚に陥るのです。

シューマンにもう少し、今で言う「鈍感力」があったら、心身共に元気で、妻クララと子供たちに囲まれて幸せに暮らせていたかもしれません。その代わりあの不安定で美しい音楽は生まれなかったでしょうけど。。

そんな「3つのロマンス」ですが、もう一つの「3つのロマンス」というものが存在します。
クララ・シューマンの「オーボエとピアノのための3つのロマンス Op.22」です。
実はこの曲も一緒に演奏しようかと思ったのですが、マイナーなため楽譜がどこにもなくて・・・bearing

夫の作風とどこか似通っていて、ロマンティックな上に女性的な温かさと優しさが加わっています。わたしは特に3曲目が好きで、ピアノの流れるようなアルペジオの上で オーボエが羽を伸ばすように、儚げに歌います。

夫ロベルトもブラームスも、大事な作品の発表前は必ずクララの前で弾いたそうです。世間では「女性」という理由で作曲家として認められませんでしたが、大切な人たちからは信頼されていたクララ。その音楽性と人間性の高さ、そして温かさに 同じ女性として
憧れますshine

ぜひ 2つの「3つのロマンス」 聴いてみてくださいnotes

オーボエ×ピアノ

透き通るような冬晴れの中、昨日は17回目のアンサンブル・シリーズでした!

ご来場下さいました皆さま、ありがとうございましたhappy01
昨日は特に、常連のお客さまが勢ぞろいされていていつも以上に心地よい本番でした。
イスも少ない中、真剣に音楽に耳を傾けてくださり、いつも感謝の気持ちでいっぱいです。

100124_1








現役音大生オーボエ奏者、鷹栖美恵子さんとshine

プログラム
♪サン=サーンス:白鳥
♪ラフマニノフ:ヴォカリーズ
♪大島ミチル:風笛
♪シューマン:3つのロマンスより
♪ドラティ:5つの小品より
♪山田耕筰:この道
♪滝廉太郎:荒城の月
♪モーツァルト:オーボエ協奏曲より 第1楽章

来週に卒試を控えているというのに、たくさんの曲を吹いてくださいました!
ドラティは無伴奏の曲で、数日前まではプログラムに入っていなかったのですが・・・卒試の試験曲ということで、急遽追加となりましたnotes
深い詩情を表現できるオーボエの無機質で現代的な響きに、新たなオーボエの一面を見たような気がして、とても興味深かったです。

100124_2








鷹栖さんとは初共演でしたheart04


ようやく今回で舞台の本番は一段落しました。2月は、試験の伴奏などはありますが、コンサートは今のところ入っていません。
明日からは、練習の合間に 副業の翻訳プロジェクトをスタートさせます!
というのも実は、アンサンブル教本の日本語版を翻訳させていただくことになったのです。
怠けずに、自分を律するという意味でも(笑)、ここで「がんばる宣言」をしたいと思います・・・!
PCで腱鞘炎にならないように気をつけながら・・・(一度なったことがあるのです・・・sweat01

がんばりますpunch

Colors

今日は桜の時期を思わせるような、生あたたかい風が吹いていますねcherryblossom

最近、「毎日一つ、何か新しいことをする」という小さな目標を立てています。
いつもと違う駅で降りてみたり、なかなか会えない友人と会ったり、違う考え方をしてみたり・・・。
同じ毎日ではなく、一つ一つ微かに違う色の一日を過ごせるような気がしますshine

先週は浜松で本番でした。地元のヴァイオリニストの方との楽しいアンサンブルだけでなく、美味しいうなぎをご馳走になったり、絶景の海に感動したり、大事な国際コンクールに派遣されるピアノの試弾レポートを書かせていただいたりと、有意義な一日を過ごすことができました。

そして今週末は2ヶ月ぶりの丸ビルアンサンブル・シリーズです。現役音大生のオーボエ奏者、鷹栖美恵子さんと演奏します。
鷹栖さんとは自宅が近いので、リハ中も地元話に花が咲きましたhappy01

オーボエの音色は、天井が高い丸ビル35階と相性が抜群なので、とっても癒されると思います。わたしも弾きながら完全に癒されています。どうぞ、お楽しみに・・・♪

Blue_moment







耳をつき刺すような冷たい風が吹いていますが、わたしはこの時期の空がとても好きです。透明度が高くて、果てしなく広くて、なぜかあたたかい。
最近聴いている、シューベルトの「幻想曲」(4手のための・ヘ短調)と重なります。

夕焼けが終わったあとの一瞬の時間。
今は星がキラキラと拡がっています。


明日は浜松で本番です。
初めて出会える音楽パートナーに ワクワクしています・・・heart04
行ってきますbullettrain

あけまして

新年あけましておめでとうございます!

昨年は本当に色々なことがあった1年でした。たくさんのコンサートに出演させていただき、素晴らしい音楽仲間と出会うことができたのが一番の収穫です。一方で、初めて経験した心の痛みや試練もあり、自分と向き合うことの大切さを痛感した1年でもありました。

今年はもっともっとピアノの腕を磨き、仲間や家族、愛する人々とのアンサンブルを大切にしながら、ポジティブなスピリットで邁進していきたいと思います。まだまだ未熟ではありますが、どうぞよろしくお願いいたします。


写真は昨年の年末ガラコンサートの模様です。とても可愛らしいサックス奏者、作田聖美さんとの楽しい本番でした。

091229_1













マルキューブでの演奏は本当に気持ちよく、最高です。
毎回貴重な経験をさせて頂いています。


091229_2







聖美さんとheart04


皆さまにとって、2010年が素晴らしい1年となりますように・・・!

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コンサート出演情報

  • ♪サロンコンサート
    ☆4月30日(日) 15:00
    共演:北村 貴子(オーボエ)、北村 一平(コントラバス)
    カフェ・ターブル・ビジュー(湘南台)
    お茶ケーキ付 2000円
    ご予約 Tel.0466-46-0121
    -

お友だちリンク

無料ブログはココログ