« 今日の和食 | トップページ | オーボエの苦労 »

時価から明朗へ

寿司店には「時価」という気まぐれな料金設定があります。
宮城県気仙沼港のお寿司屋さん組合は、時価を廃止して料金を開示する、いわゆる「明朗」会計のお店を増やしたところ、お客さんが急増したそうです。食の安全もそうですが、今の時代、情報の開示というのは、直接信頼にもつながる重要な事だと思います。

実は「伴奏」の料金(謝礼)
というのも実に不透明です。依頼側の本音として、このピアニストの相場がどの位なのかイマイチ良く分からないし、なんだか頼みづらい・・・?という話をよく聞きます。
依頼側が「心づけ」のような形で金額を決めて、終わった後にそっと渡す・・という、他の職業ではあまり考えられないこともまだ行われています。(←まるでチップ)

またもう一つ、哀しい現実があります。大手のオペラ・カンパニー(養成所)では大変な低価格で専属伴奏者達が働いていらっしゃるのです・・・。しかも歌手の方の中には、それが相場なのだと勘違いしている人も。。(>_<)

お金の話を切り出すのはあまり上品ではないという雰囲気で、言い出せないこともあるかもしれません。でも合理的な国USAで育った自分としては、ちゃんと大事なコトは明確にした方がいいのではないか!という考えです。「アンサンブル・ピアニスト」の地位向上のためにも。
そのためには、ピアニスト自身がまず明朗な価格設定をして、依頼の段階である程度「料金プラン」を提示しないと事は進みません。細かい部分は、お見積もりのようにして提案する。交渉ももちろん可能。そうすれば、お互いに気持ち良く向き合えると思いませんか?
結局、毎回悩んでしまうのは依頼サイドだと思います。

ちなみに、ピティナのピアノ伴奏者紹介サイトも、料金設定が明確な上で依頼できる制度を定着させようという狙いが含まれています。あまり詳細まで書く人は少ないですが・・・。

肝心の料金メニューですが、プロフィール画面の真ん中当りに載せました。もちろん、曲や状況によって変動はあるかもしれませんが、ご参考までに・・・!

私を含む世のアンサンブル・ピアニスト達は、自分のソロの事のように真剣に音楽(&相手)と向き合い、自分の本番の事のように念入りに準備します。もちろんお互いの相性もあるので、合うか合わないかは、まずは一回リハしてみればいい訳です。これからは面識や紹介がなくても安心して依頼をして頂けるように、色んな面で「明朗」になっていきたいと思います♪

« 今日の和食 | トップページ | オーボエの苦労 »

コメント

お寿司屋さんの勘定は外国の人にはミステリアスのようですね。古い笑い話に、はじめて寿司屋を訪れたガイジンさんが「カウンターにしますか?それともテーブルですか?」と聞かれ、世界の常識から安いだろうと思って「カウンターにします」と答えたら、さらに追い討ちをかけて「セットメニューですか?それともお好みにされますか?」と聞かれ、「おこのみー」は「エコノミー」だと思って「おこのみーで」と答え、美味しい寿司に感激したが、目玉の飛び出る勘定に卒倒したというのがあります。(前置きが長くなってすみません)

私もYukoさんの言われるように、伴奏謝礼は事前にはっきり決めるのがフェアーだと思います。契約行為ですから。

何を隠そう私がPTNAそしてYukoさんのサイトにたどり着いた発端は、素人の年寄り仲間とコーラスグループをつくってピアノの伴奏を人にお願いする際に、謝礼はどのくらいお払いすればよいか?全く見当がつかなかったからなのです。歌を指導してくださる先生経由で伴奏者に来てもらうとフェアーにならない?様な気もしましたし。

この世の中「公明正大」に勝るものはないと思います。熱烈支持!です。


アスペン様

おこのみがエコノミーにきこえるとは、本当に良く出来ているジャパニーズジョークですね(笑)。
思わず大笑いしてしまいました。お寿司さんも一回行けば次からは大体想像が付くのですが、初めての時は本当にコワイです。。

合唱の伴奏料は、私の料金メニューには入れていないのですが、また少し違ってきますよね。それぞれの合唱団内の予算などがあると思うので、それを踏まえてお互い交渉するという感じでしょうか。ほぼボランティア~1回1万円(!)まで幅広いと聞いています。

歌をやってます。
伴奏謝礼明朗会計、大賛成です!
私も、ピアニストあっての歌ですし、ただの伴奏とも思っていませんし、支えてくださるピアニストさんとは一緒に良い音楽を作って、ギャラも、お互いが納得いく金額を気持ちよく払いたい!
依頼者としては、料金表とか、見積もりとか、あると大助かりですし、誤解もなくて音楽に集中できて、良いと思います~
ちょっと謝礼についてまた悩んでいて、検索して、こちらに来ましたのでコメントさせていただきました~

はまちゃん様

ありがとうございます!
「謝礼」の問題、難しいですよね。人によって全然違うし、色んなケースもありますし・・・。
ピアニスト自身がちゃんと決めていないケースも多いです。
思い切って最初のリハーサルで、単刀直入に聞いてみるのが一番だと思います。

このブログに記載してある料金表も、ご参考になれば幸いです♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の和食 | トップページ | オーボエの苦労 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コンサート出演情報

  • ♪サロンコンサート
    ☆4月30日(日) 15:00
    共演:北村 貴子(オーボエ)、北村 一平(コントラバス)
    カフェ・ターブル・ビジュー(湘南台)
    お茶ケーキ付 2000円
    ご予約 Tel.0466-46-0121
    -

お友だちリンク

無料ブログはココログ