« 室内楽ピアニストのバイブル | トップページ | 伴奏者の孤独 »

美旋律

今メンデルスゾーンのトリオ1番をさらっているのですが、改めて2楽章の旋律の美しさにため息が出ます。間違いなく「美旋律」の常連ですね。

後世まで伝えていきたい美しい旋律、たくさんあると思います。数を挙げればきりがないし、人によっても随分違うと思うけど・・・。

Yukoがいつも銀の箱に入れて胸に大切にしまっている美旋律はというと、例えば・・・ブラームスのヴァイオリンソナタ1番の2楽章、プーランクのクラリネットソナタ2楽章やヴァイオリンソナタ1番の中盤、ブルッフの「8つの小品」8曲目の中盤の奇跡的な転調の前後、C.シャミナードのフルートコンチェルティーノ、ドヴォルザークのピアノ四重奏2番の2楽章など・・・室内楽作品だけでもいっぱいありすぎます。

音楽的な感動の重要なカギを握るのは「転調」です。
転調の魅力は夜通し語りたい分野でありますので、今度にします。

« 室内楽ピアニストのバイブル | トップページ | 伴奏者の孤独 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 室内楽ピアニストのバイブル | トップページ | 伴奏者の孤独 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コンサート出演情報

  • ♪サロンコンサート
    ☆4月30日(日) 15:00
    共演:北村 貴子(オーボエ)、北村 一平(コントラバス)
    カフェ・ターブル・ビジュー(湘南台)
    お茶ケーキ付 2000円
    ご予約 Tel.0466-46-0121
    -

お友だちリンク

無料ブログはココログ