« アスペン散策 | トップページ | 第2週 »

歌の伴奏は本当に伴奏?

ちょっとずつ慣れてきて、色々面白くなってきました。友達も増えて、薄い空気にも慣れて、久しぶりの学生気分満喫。今日はレイコさんとともに、10時から歌のマスタークラスをダウンタウンにあるオペラハウスまで見学しに行きました。

そこで驚いたのは、アクティング(演技)指導を重視していたことです。わたしたち日本人がやったら赤面してしまいそうな演技も、舞台上で何ともなく普通に熱演しているのです。声量も豊富で、歌も非常にレベルが高いです。マスタークラスは一般公開なので、普通のお客さんや観光客も楽しめるような切り口の本格的なマスタークラスで、もう本当に感動しました。

ですが・・・。ピアニストが目立たなかった。。歌の伴奏は姿も見えないオーケストラ・ピットの中、完全に「黒子役」でした。
そんな簡単なものじゃないんだけどなぁ・・。歌い手さん、分かってくれてるのかなぁ。

午後は伴奏セミナーでした。基本的に伴奏者は直前依頼がどうしても多いので、いかに少ない時間で曲を仕上げるかを議論。指使いが要注意の曲とか、お互いの経験談、アドバイスなど盛り込んだ有意義な内容でした。器楽伴奏を目指す者にとってはすごーーくいい勉強になりました。
こんなクラスを待っていた!

« アスペン散策 | トップページ | 第2週 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100078/3868587

この記事へのトラックバック一覧です: 歌の伴奏は本当に伴奏?:

« アスペン散策 | トップページ | 第2週 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コンサート出演情報

  • ♪サロンコンサート
    ☆4月30日(日) 15:00
    共演:北村 貴子(オーボエ)、北村 一平(コントラバス)
    カフェ・ターブル・ビジュー(湘南台)
    お茶ケーキ付 2000円
    ご予約 Tel.0466-46-0121
    -

お友だちリンク

無料ブログはココログ